築年数が約135年の古民家を改修工事
主屋は桁行十間、妻行五間のつし二階建て、燻の和形桟瓦葺きの大きな住宅です。小屋組みは珍しい扠首(さす)が掛けられていますが、合掌組ではありません。
このたびの工事では、間取りの変更の他に耐震改修、断熱改修、二階を居室にするなどの主屋全体の改修が主な工事です。
地盤の沈下に伴い、半数以上の柱を引き揚げ、水平を復旧させる大改修です。

環境負荷の低減を図るため省光熱水や耐久性に優れた木造住宅の新築工事

平成28年度地域型住宅グリーン化事業の支援による補助金の交付を受けました。

滝寺の家は「奈良をつなぐ木の家」です。

縄手の家 

吉野の山守さんとつながる家

都市の低炭素化の促進に関する建築物の新築工事

平成28年度地域型住宅グリーン化事業の支援による補助金の交付を受けました。

縄手NAWATEの家は「奈良をつなぐ木の家」です。

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅(長期優良住宅)の新築工事

平成27年度地域型住宅グリーン化事業の支援による補助金の交付を受けました。

盆地BONCHIの家は「奈良をつなぐ木の家」です。

都市の低炭素化の促進に関する建築物の新築工事

平成27年度地域型住宅グリーン化事業の支援による補助金の交付を受けました。

壱分ICHIBUの家は「奈良をつなぐ木の家」です。


新築工事


改修工事


マンションリノベーション


その他